2017年9月

  • 地域のミニバスケットボールクラブへの取材に行ってきました。
    ここのチームは男子も女子もとても礼儀正しく指導者、父母の指導がとても良く感じました。
    指導している方は小学校の先生で、土日はもちろん少年団で、子供が生まれたばかりと聞きました。
    先生は子供達が頑張っているので、時間の事は気にしないようにしていると言ってましたが、ご苦労が耐えないし、少年団や部活動の課題が更に見えてきました。
    団の代表の方は子供達と二人三脚で卒団するまで朝早くても、夜遅く終わっても支え続けています。
    その姿を子供は見て色々な事を感じるでしょう。
    男子のキャプテン、女子のキャプテンにも話を伺いました。
    指導者や父母、色々な方に支えられてやっているバスケットなので一生懸命なプレーで返したい旨の話を聞いて、1人で感動をしてました。

    子供達の未来に栄光あれ!ですね。

  • 昨日の総務委員会で北朝鮮によるミサイル発射等について質疑をし、今朝の北海道新聞に掲載されました。
    先月29日に北朝鮮かミサイルを発射し、北海道から1180キロ離れた太平洋に着弾しました。
    到底容認できる事ではなく強く抗議しなければいけない事案です。
    いつ何時このような事態が起こるかわからない状況であり、道民も大きな不安がある中で、道は道民にどのような防災体制を行なっていくか等を伺いました。
    以前として北朝鮮はどのような行動を取るかわからない状況でありますので、引き続き北海道の防災体制を引き締めていかなければなりません。

  • 琴似神社例大祭が今年も滞りなく終えられました。
    毎年恒例の八軒音頭の練り歩きは天候にも恵まれて子供も多く参加され大行列での踊りでした。
    それにしてもお祭りは子供達の笑顔を作るなぁとしみじみ思いました。
    地域の方々に深く感謝です!
    今年もお疲れ様でした。

  • 平成29年度札幌市総合防災訓練が行われました。
    昨今様々な災害がこの日本に起きています。地震や火災または、台風などによる水害や先日には、北朝鮮の中距離弾道ミサイルの発射などが、いつどこでどのように起きるのかわからない状況です。
    どのような災害にもしっかりと対応していく備えが必要であり、その初動体制で人命にも大きく影響が出ます。
    様々な状況を予測して札幌市の安心を守っていかなければなりません。
    こうした防災訓練を行なっていき、課題を見つけより良い防災体制を作って参ります。
    次の総務委員会で質問もしていきます。