未分類

  • 昨日の質問がHBC、NHK、読売新聞、北海道新聞、建設新聞に出ました。

  • 今日は総務委員会で質問をさせて頂きます。
    その前に発寒南駅でご挨拶です。
    今日も暑い一日になりそうなので、熱中症に気をつけて下さい

  • 今週はJR琴似駅からおはようございます
    今日の札幌は最高気温は30度とテレビで見ましたが、朝7時30分から19度と少し早い夏バテには注意しましょう

  • 運動会といえば◯◯と皆さんは色んなことが連想されると思いますが、僕は八軒音頭が一番最初にきます。
    運動会のお昼時間に八軒音頭保存会の皆さんと踊り、それにつられて子供達が寄ってきて一緒に踊るという感じになります。

    今運動会はお昼で終了にするという所が増えてきておりますが、こういった地域の繋がりや絆を強くすることにも繋がっているいるので利便性だけで物事を進めるだけでは地域力の低下にも繋がっていくと思いますが、札幌市ではどう考えているのでしょう!?

  • 本日の視察はプラントメーカーである協和機電工業株式会社に伺いました。
    協和機電工業さんは潮流発電や海洋ハイブリッド発電や地産地消ソーラー農耕機など多岐にわたる分野で事業を取り組まれておりますが、その中でも浸透圧発電についてご講義頂きました。浸透圧発電は塩分の浸透圧を利用し、環境負荷を殆ど与えない新しい技術だそうですが、今は海水による浸透圧発電試験を実施しているそうですが、現時点では正浸透膜性能が不足しており研究段階だそうです。
    これか成功すると世界から大注目になります。

    是非成功して頂いて北海道にも取り入れていきたいですね。
    これは海洋国家の日本だからこそできる環境エネルギーですね。

  • 池島炭鉱に到着しました。
    勉強してきます。

  • 本日最後の視察場所 小浜温泉バイナリー発電所に伺いました。
    温泉水の熱エネルギーを利用して沸点の低い媒体を蒸発させて発電を行っています。
    小浜温泉は27ヶ所ある源泉から、約100度の温泉が1日あたり15.000t湧き出ており、その70%以上が未利用のまま海へ排出しております。
    もったいないということで、地域の方々も含めて何とか利用したいというところからこの発電に繋がっていったそうです。
    それから2015年9月に事業化が果たすことができ、今では年間売電額は約31.600千円、一般家庭のの約220世帯分まで発電しております。

    北海道にも温泉地域もありまだまだ地域資源を活用して、環境に優しく安心したエネルギーを提供でき、未来の子供達に繋ぐ役割を果たすことできるよう、最大限可能性にかけていきます!

  • 五島市での視察を終えて、これから雲仙市へ向かいます。

  • 本日は8時40分から五島市役所へ産学官民一体となりエネルギー政策の取組を伺いに来ております。
    五島市は全国の高齢化比率26.6%を大幅に超える36.8%の街でありますが、漁獲量、漁獲高は増加傾向にあり、特にマグロ養殖が素晴らしい実績です。
    五島は平成23年から「エネルギーのしま」を将来像にしており、地産地消のエネルギーを目指しており、特に海洋再生エネルギーの実用化の推進をしております。
    今では再生可能エネルギーの自給率は40.1%にもなっております。
    これは北海道の面積からいくと比較できるものではありませんが、五島市が進めている海洋再生可能エネルギーの政策は北海道にも当てはまり、地域資源を活用し、地産地消から地産外商で地方が再生し活力ある街づくりになります。

    これから福江港に行き高速船に乗り五島市の再生可能エネルギー施設見学に参ります。

  • 特別委員会の道外視察で長崎県五島市に到着しました。
    こっちはやっぱり暑い😵
    北海道が最高な事が改めてわかりますね‼️

    それでは実り多き視察になるように努めてまいります。