北朝鮮によるミサイル発射等について

昨日の総務委員会で北朝鮮によるミサイル発射等について質疑をし、今朝の北海道新聞に掲載されました。
先月29日に北朝鮮かミサイルを発射し、北海道から1180キロ離れた太平洋に着弾しました。
到底容認できる事ではなく強く抗議しなければいけない事案です。
いつ何時このような事態が起こるかわからない状況であり、道民も大きな不安がある中で、道は道民にどのような防災体制を行なっていくか等を伺いました。
以前として北朝鮮はどのような行動を取るかわからない状況でありますので、引き続き北海道の防災体制を引き締めていかなければなりません。

コメント